• 会社や店舗の移転の際の既存看板の移設や撤去等の現状回復工事、看板やテントの老朽化にともなう看板・テントの撤去

看板の「安全」を脅かすもの

1)自然環境

看板は雨や風、強い日射しなどの厳しい条件にさらされています。近年の異常気象も脅威!

  • 1.酸性雨・・・金属の腐食が進む。ゲリラ雷雨により、看板内部に水が入り込み、漏電を起こすことも。
  • 2.強風・・・・看板の接合部分が破損し、本体が落下やなぎ倒されたりします。
  • 3.高温・・・・電材の劣化を促進させたり、自然発火による火災につながることもあります。
  •        熱膨張によりアクリル板面が歪み枠から外れ落下することも。
  • 4.塩害・・・・潮風の影響で、鉄骨のサビや樹脂の劣化が激しくなる。
  • 5.落雷・・・・近くに雷が落ちると看板に過電流が流れて火災になることも。
  • 6.雪・・・・・看板の上に積もった、雪の重みで落下します。
           雪溶け水はひびや穴などから内部に侵入し、腐食させます。
  • 7.地震・・・・震度5 強の揺れでは、接合部にひびが入りアンカーの強度も落ちます。

2)人為的な要因

まずは信頼できる看板屋を選びましょう!

(1)設計不良、強度計算のミス

(2)設計図通りに施工されない

3)経年劣化

老朽化した看板は、事故のリスクが増加します。外観のみならず、内部の構造まで詳細に点検し、補修などの対策を行いましょう。

  • 1.塗膜の劣化
  • 紫外線、熱、雨(酸性雨)等の影響により劣化し、腐食。
  • 2.金属疲労
  • 金属材料が長期間に渡り繰り返し力を受けた結果、亀裂が生じたり、強度が低下。
  • 3.プラスチックの劣化
  • 長期間に使用しているアクリル板などが、紫外線などの影響でもろくなり、飛散、落下。

危険な看板とテント

テントの劣化・・・・・・・・・・鉄骨が腐食していてテント生地を外したら鉄骨が崩れた状態

ワイヤー破損・・・・・・・・・・ワイヤーが磨耗等が原因で破損して危険な状態

看板の下部部分が劣化・・・・・・看板の腐食により下部部分が落ちかかってる状態

支柱の劣化 ・・・・・・・・・・・長い間放置されてる間に腐食が進み危険な状態

袖看板劣化・・・・・・・ ・・・・看板本体の腐食や看板表示面のアクリが劣化して割れ目等あり危険な状態

壁面看板劣化・・・・・・・・・・長い間の放置により腐食が進み、木枠が腐って危険な状態。

看板・テントの放置は危険です!

看板下部部分劣化
テントの劣化
壁面看板劣化
支柱の劣化
袖看板劣化
ワイヤー破損

看板撤去の必要性

  • 看板自体の老朽化による看板落下の危険性を未然に防ぐ。
  • 看板が取付されてる建物の老朽化による看板落下の危険性を未然に防ぐ。
  • 看板表示面のアクリルが古くなるとヒビが生じて割れて落ちる危険性を未然に防ぐ。
  • 看板内部の鉄骨は、外からは想像できないほど錆びていることがあり、看板落下・倒壊等の事故を招く原因になる可能性があります。
  • 長期間、メンテナンスをしないで放置してある看板は大変危険です。

テント撤去の必要性

  • テント自体の老朽化によるテント落下の危険性を未然に防ぐ。
  • テントが取付されてる建物の老朽化によるテント落下の危険性を未然に防ぐ。
  • 雨や雪等が溜まってテント生地が急に破けるのを未然に防ぐ。
  • テントの鉄骨が経年劣化による倒壊を未然に防ぐ。
  • 長期間、メンテナンスをしないで放置してあるテントは大変危険です。

広告物等には屋外広告物管理者の設置が義務付けられ、 看板(広告物等)の広告主、所有者などは、補修その他必要な管理を行ない良好な状態に保持する義務があります。